So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

渡辺謙さんについて [日記]

NHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀』を観ました。
今回は「渡辺謙55歳、人生最大の挑戦」、
俳優・渡辺謙をフィーチャー。


私の彼に対する演技的な評価は
優・良・可・不可で表すならば、「可」です。

私の中で渡辺謙さんと言えば、何と言っても『独眼竜政宗』。
NHK大河史上最高の平均視聴率39.7%を叩きだしました。
真っ直ぐで力強く、
若々しいエネルギーの発露は素晴らしかった。

と同時に、当時から
“真っ直ぐな演技しかできない”
大根役者だと評する声も少なからずありました。
ことに、彼が当時所属していた演劇集団・円での舞台では
それが定評だったように記憶しています。

『独眼竜』と "白血病からの生還" のレッテルを剥がさんと
一気にハリウッドに打って出て
大成功を収めたのは万人の知るところ。
やはり、あの風貌からくるスター性は圧倒的で
日本のみならず、ハリウッドでも評価されたことは
何ら不思議ではありません。


『プロフェッショナル』の内容は
現在彼が出演中のブロードウェイ・ミュージカル
『王様と私』の稽古の日々に密着したドキュメンタリー。

KandI-2-e1431829890375.png

稽古風景からオープニング・ナイトまでを観て
やはり、英語は下手だなあ、というのが正直な感想。
一時期、歌手活動もされていたと聞きますが
どう贔屓目に聴いても、歌も上手いとは言えません。

私は、ニューヨークに留学中
大きいものから小さいものまで、
ミュージカルやドラマ(日本で言うところの “ストレートプレイ”。ただし、ストレートプレイは英語圏では死語に近い)など、200本以上の舞台を観まくりました。

それゆえ
彼がトニー賞のミュージカル主演男優賞にノミネートされたことは、私にとって予てから驚愕の事実でしたが、
この番組の中で、その歌と英語を目の当たりにするにつけ、
改めて、納得のいかない思いになりました。

101195.jpg

『王様と私』が同賞で9部門にノミネートされているのは
“多分に演出のバートレット・シャー氏の力量が物を言っている”
というのが、舞台を観てもいない私の勝手な憶測です。

シャーは、今回を含め
トニー賞にノミネートされること6回、受賞も果たしている名演出家。

相手役のケリー・オハラも
同様にトニー賞6度ノミネートの実力派ミュージカル女優。

新作ではなく、リバイバル部門でという点も併せて
環境に恵まれてのノミネートと言えば、言いすぎでしょうか。

とはいえ、出演オファーを出したのはシャーであり
ミュージカル最高峰のキャストに、請われて名を連ねたことは凄い!
『硫黄島からの手紙』の演技を観ての起用だそうです。

ただ、ノミネートはされても、受賞はないでしょう。
歌や英語が二流の役者が、トニー賞を獲得できるほど
ブロードウェイは甘くはありません。
(もちろん、日々上達していることは疑いません)

歌唱力や言葉の問題はともかく、
『王様と私』の王様=ユル・ブリナー というイメージを払拭し
渡辺謙ならではの王様像を打ち立てた、その演技力が高く評価された。
それは事実だと思います。

ミュージカル通を気取っている私は
ずいぶん辛口な言葉ばかり並べましたが、
番組を観ていて
やっぱりプロフェッショナルだな、と思ったのは、
謙さんの挑戦し続ける姿勢、
「プロ=最後まで諦めない」という彼のひと言にあります。

じゃあ、必死に努力するだけでプロと言えるのかよ
と突っ込む人もいるかもしれません。
無論、評価されなくてはプロとは言えないと思います。
努力の過程でなく、結果を評価されるなら
そのステージが小さかろうが、レベルが低かろうが不問。
ただ、その大前提として、最大限の努力を最後まで怠らない。
それがプロフェッショナルではないかと、私は思うのです。

そして、渡辺謙さんは
紛うことなきプロフェッショナルです。

「最後まで諦めない」
これは言い古されているようで、
その意味を実感し、かつ実践に移せている人はいったいどのくらいいるでしょうか?

私も、これを肝に銘じて演技に精進しよう。
そう固く心に決めたのでした。
 

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。