So-net無料ブログ作成
検索選択
邦画(ワ行) ブログトップ

『若い娘たち』 [邦画(ワ行)]

「若い娘たち」(1958)★★★☆☆60点
監督: 岡本喜八
製作: 金子正且
原作: 石坂洋次郎「霧の中の少女」
脚本: 井手俊郎
撮影: 小泉福造
美術: 北辰雄
録音: 伴利也、宮崎正信
照明: 金子光男
音楽: 馬渡誠一
出演:
 雪村いづみ(石沢カナ子)
 水野久美(野村友子、"東海医科大学" 生)
 野口ふみえ(柴田澄子)
 山田真二(川崎光夫、"東海医科大学" 生)
 桐野洋雄(橋本実、"東海医科大学" 生)
 三宅邦子(石沢美保子、カナ子の母・和裁家)
 笹るみ子(石沢タマ子、カナ子の妹)
 加東大介(柴田善吉、澄子の父・美保子の兄・「柴田書店」主人)
 沢村貞子(柴田千枝、澄子の母)
 上原謙(野村浩太郎、友子の父・"東海医科大学" 教授)
 高嶋稔(野村大助、友子の弟・タマ子の同級生)
 ミッキー・カーティス(田中誠三、"東海医科大学" 生)
 沢村いき雄(主事)
 笠原健司
 山田彰
 岩本弘司
 中山豊
 山本廉
 宝田明
製作・ジャンル: 東宝/青春/78分

img62404.jpg

監督2作目の岡本喜八が
幼なじみの3人娘と下宿人の大学生の恋愛コメディを描く。

初対面の川崎に対し
立ったまま貧乏ゆすりしながら
自分に恋心を持たぬよう、下宿の心得を宣告するカナ子。
テキパキというか、畳み掛けるような事務的な口調。

私が歌手として知っている雪村いづみは
柔らかく優しい印象だが
この映画ではギスギスしたいかすけない娘で、魅力を感じない。

意地を張るカナ子を焚き付けるため
自ら貧乏クジを引く友子は
ストーリー的にもスポットを浴びず可哀想。
笑う所ではないだろうが
友子の売り言葉に "挑戦するわ!" と答えるカナ子には吹き出した。

ついに恋心を打ち明けるカナ子。
川崎の部屋でいちゃつく2人のやりとりは
子どもっぽすぎる失笑もの。

二枚目の山田、個性的な桐野、
意外にも、この2人は短い活躍しかしていない。

例によって
ミッキー・カーティスは歌うために出てくるだけ。

姉弟で夫婦を演じる加東&沢村。
俳優としてどんな心境なのだろう。
上品な三宅と、俗っぽい沢村のコントラストが面白かった。

それにしても、狭い世界でくっ付きまくりのお話。
可もなく不可もなく。

ラストカットに
野村家の下宿人を争う学生役でちらっと顔を出す宝田明。
喜八の監督3作目となる次回作「暗黒街の顔役」で
主演・鶴田浩二の弟役を任せる宝田をPRしたというわけだ。

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
邦画(ワ行) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。