So-net無料ブログ作成
洋画(ワ行) ブログトップ

『ワールド・トレード・センター』 [洋画(ワ行)]

「ワールド・トレード・センター」(2006)★★☆☆☆40点
原題: WORLD TRADE CENTER
監督・製作: オリヴァー・ストーン
製作: マイケル・シャンバーグ、ステイシー・シェア、モリッツ・ボーマン、デブラ・ヒル
脚本: アンドレア・バーロフ
撮影: シーマス・マッガーヴェイ
プロダクションデザイン: ヤン・ロールフス
衣装デザイン: マイケル・デニソン
編集: デヴィッド・ブレナー、ジュリー・モンロー
音楽: クレイグ・アームストロング
出演:
 ニコラス・ケイジ(ジョン・マクローリン、港湾局警察官・巡査部長)
 マイケル・ペーニャ(ウィル・ヒメノ、ジョンの部下)
 マギー・ギレンホール(アリソン・ヒメノ、ウィル・ヒメノの妻)
 マリア・ベロ(ドナ・マクローリン、ジョン・マクローリンの妻)
 スティーヴン・ドーフ(スコット・ストラウス、ジョンの部下)
 ジェイ・ヘルナンデス(ドミニク・ペズーロ、ジョンの部下)
 マイケル・シャノン(デイブ・カーンズ、元・アメリカ海軍海兵隊軍曹)
 コナー・パオロ(スティーヴン・マクローリン)
 アルマンド・リスコ(アントニオ・ロドリゲス)
 ジェイ・ヘルナンデス(ドミニク・ペズーロ)
 マイケル・シャノン(デイブ・カーンズ)
 ニック・ダミチ
 ダニー・ヌッチ
 フランク・ホエーリー
 トム・ライト
 ドナ・マーフィ
製作・ジャンル: 米国/ドラマ/129分


ワールド・トレード・センター スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]









9・11に関する想いは当日のブログ日記に委ねる。

映画の評価としては★2つがせいぜい。
事実を誇張せずに描いているのであろう本作品は
ドラマチックな点はほとんどない。

2元化による進行描写は単調につきる。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『鷲は舞いおりた』 [洋画(ワ行)]

「鷲は舞いおりた」(’76)(再)★★☆☆☆45点
※(再):私が以前に観たことのある作品

鷲は舞いおりた [DVD]








以前観たときはかなりスリリングな気がしたが
時代が進んで、さらに物事の流れが速くなっているせいか
戦闘シーンを含め、あまり乗れなかった。
今なら、人間ドラマや心理戦に重きを置いた描き方をしてほしい。
最後に、干潮で待機していた潜水艦が座礁しているのは面白い。

洋画(ワ行) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。